商標登録のおきて

海外で行うメリット

商標登録とは |  海外で行うメリット |  個人の登録方法 |  商標と特許 |  ロゴの商標登録 |  お問い合わせ 

海外でビジネスを行う場合には商標登録をした方が良い

日本で商標登録をしていれば、海外でも使用できると考えている方はいますが、通常は日本で取得した場合には日本国内でしか使用することができません。
ですので、海外でビジネスを行おうと考えている方は、そのビジネスを行う国でも再び商標登録の出願をした方が良いです。
日本で出願を行った方はわかるでしょうが、出願を行う際には期間と費用がかかりますので注意してください。
なお、海外で商標登録を実際に行う場合には、個人で行うよりも特許事務所に依頼するというのが普通です。
知識がある方は特許事務所を利用しなくても問題ありませんが、出願するためには、ある程度の時間と国ごとの出願方法の違いを知る必要があります。
そのような、知識がない方は専門家に依頼した方が手数料や依頼料はかかりますが、不安なく出願が可能です。
なお、特許事務所によって対応している国が違いますので、出願したい国をあらかじめ決めておくとスムーズに出願が可能となります。

海外で商標登録をするメリットとは

基本的に商標登録は、登録した国の中でしか効果がありません。
つまり、海外でビジネス展開をするならば、商標登録をその都度やっていく必要があります。
登録をする場合は、調査などをやってもらう必要があるので一週間以上かかることもあります。
登録を考えているならば早めに行動しておく必要があります。
法律は各国によって違うので、法律にあった適切な方法をするためにも専門的に行っている事務所などに依頼するとよいです。
また更新も各国によって期限が違うので、確認し忘れがないように気をつけるとよいです。
商標登録するにもいろいろと費用がかかるので、それに見合うものかどうか検討したうえで決めるとよいです。
なんでもかんでも登録すればいいというものではありません。
海外で有利にビジネスを進めるためにも、登録しておくとよいです。
似たような広告や侵害された場合に損害賠償などを請求できるので、安心してブランドを大きくすることができます。

Favorite

岐阜でエクステリア工事なら

Last update:2017/10/13

Copyright(C) 2015 商標登録のおきて All rights reserved.