商標登録のおきて

個人の登録方法

商標登録とは |  海外で行うメリット |  個人の登録方法 |  商標と特許 |  ロゴの商標登録 |  お問い合わせ 

個人で商標登録はできるのか

商標登録は弁理士に依頼をして出願するというのが一般的なやり方ですが、個人でも商標登録の出願手続きは可能となっています。
個人で行うことのメリットは、弁理士に支払う費用の節約と手間を省くことができる点です。
個人で商標登録出願をするためには以下のようなことを行う必要があります。
まず、最初に行うべきことは自分が出願する商標はどこの分類かを調べることになります。
続いては、標準文字か特定のロゴをのどちらで登録するかです。
標準文字とは定められている書体のことで、特定のロゴとはそのままの意味を指し、その形のロゴを使用したい場合には出願します。
その他にも、色は白黒かカラーのどちらか、文字はカタカナかアルファベットのどちらで出願するかなどを決めます。
このようなことを決めた後は、自分の前に似たいような商標を登録した物はないかを調べます。
調べた結果、似たような商標がなければ書類を出願して登録となります。
なお、出願の際には登録料が事前に必要となります。

個人で商標登録をする方法

商標登録は個人でも行うことができます。
製品やサービスなどの名称を登録するのが一般的でオリジナルのものに対してのみ行うことが可能です。
商標登録の手続きには専門的な法律知識なども必要になるため司法書士や行政書士、弁護士などこの分野に精通した専門家に依頼する方法が一般的です。
インターネット上には商標登録に関する情報を掲載したホームページなども多数あり情報を集めることができます。
個人で登録を行った人の体験談などが書かれているサイトやブログは非常に参考になります。
司法書士や弁護士など専門家に登録を依頼する場合は費用がかかります。
登録に必要な費用とは別に代行料を支払うことになります。
司法書士や弁護士などへの報酬額はまちまちで地域によっても相場は変わってきます。
依頼する前に事前にどの程度の金額になるのかということをしっかりと調べておくことも大切なポイントになります。
ホームページを持っている弁護士事務所や司法書士事務所などでは報酬の大まかな金額を記載している場合もあります。

recommend

クラスTシャツの作成
http://www.zeroone.co.jp/

最終更新日:2016/9/8

Copyright(C) 2015 商標登録のおきて All rights reserved.