商標登録のおきて

商標と特許

商標登録とは |  海外で行うメリット |  個人の登録方法 |  商標と特許 |  ロゴの商標登録 |  お問い合わせ 

商標登録は必ず特許として取得しておく事

普段の商売の中で、問題が起きない限り、商標登録における特許と言うのは頭の中に浮かんで来ない事もあります。
現在は、インターネットが普及をしている時代でもあり、いつ何時、市場で有名になるかわかりません。
その商品名を使って、商売を始める企業が現れれば、競合企業となり、自社の存続を及ぼす可能性も現れてきます。
特に、中国での商標登録における特許取得は大切です。
その理由は、中国は多くの人口を抱えつつ、競争社会を避けてきた共産主義国家であり、商標登録における特許に対する意識が薄いためです。
又、従来は、人民服と呼ばれる服装を多くの国民が着用していた物であり、良い内容はみんなで真似る事を主義とする共産国家は、真似る事に対する罪悪感が少ない事も挙げられます。
世界にある全ての国々で申請を行う事は、不可能に近い物があるため、人口を多く抱える国々を中心にして申請を行う事がポイントの一つになります。
この様な申請は、言葉の壁も含め個人で行うには難しいため、専門家に委託する事が重要です。

商標登録の商標と特許の違いは何でしょう?

商標と特許の違いは何でしょう。
商標登録では企業等のブランドを守ることができます。
特許登録によって発明者あるいは企業等のアイデアが保護され、登録されるためには新規性や進歩性といった発明の要件が必要となります。
新規性とは簡単に言うと「今までに誰も行ったことがないこと」ということです。
進歩性とは「簡単にはできないこと」を言います。
これらの要件等が審査され、登録されます。
これに対して、商標の場合は今までにない新しさとか誰もが考え付かないなどの要件は求められません。
商標の場合は今まで聞いたことのあるようなものでも特に問題はありません。
また商標登録後に別のネーミングをしても商品を販売しても特に問題はありません。
特許の場合はアイデアに対するものですので、たとえネーミングを変えても中身が同じであれば売り出すことはできません。
商標権が守るブランドとは企業等が長年にわたり築いてきた信用のことをいいいますが、商標登録の意味はブランドを保護することによって、企業の信用が盗まれないように保護することを目的とします。

おすすめWEBサイト

ダイビングショップマレア

Last update:2017/11/24

Copyright(C) 2015 商標登録のおきて All rights reserved.